●消費税引き上げに伴ない、外税表示となります
表示価格+消費税(8%)ととなります

●冷やし虫家 TF
※冷やし虫家はペルチェ素子を使った簡易冷暖房付き昆虫飼育室です。

 

冷やし虫家 

ハーフタイプ 販売価格    ○標準サイズ 販売価格
 
  取扱い終了             取扱い終了      
                       
サイズ 幅:43cm+サイドユニット幅4cm   サイズ 幅:86cm+サイドユニット幅4cm
    高さ:47cm(足を付けると+1cm)      高さ:47cm(足を付けると+1cm)
   奥行き:47cm                  奥行き:47cm
    容量:約45リットル                容量:約100リットル

○温度調整ボタンで希望温度(10℃〜40℃)に設定にすれば、必要な冷暖房を行います。
○消費電力はわずか50W、小さな電球程度なので1時間稼働し続けた場合でも電気代は
  1円程度。動作温も非常に静かなファンの音だけです。
○簡単な組み立て式にした事により、分解すれば収納、移動もコンパクト。
○当面標準セット(内容量約100リットル)とそのハーフサイズを販売し、将来的には
  3倍、4倍サイズ、透明ドア、安価な暖房のみ、より強力な冷房ユニット、植物育成用LED
  パネル等を開発予定です。ドアパネルや機械パネルも含め全て共通サイズの正方形
  なので組み合わせ方も自由自在です。
○真空断熱材の採用により、性能を落とさずに壁を薄く、また全ての床や壁を水平・垂直に
  したためにスペースが効率的に利用できます。
○標準セットの重力約18kg、出来上がりサイズは一般的な鉄ラックに収まります。  

●ブリード用温室

ピカコーポレイション製
アルミ温室 FHB−1508 小売希望価格¥56.100
           当社販売価格
 ¥39.800
設置寸法  幅約:91cm×奥行き約:49cm×高さ約;150cm
(内寸法 約:85.2cm×奥行き約:43.5cm×高さ約;150cm


発送はメーカーから直送の為、送料別途¥2,000が掛かります。
浦和店・中野店にて引き取りの場合はご相談ください



●装備:棚板×6枚、防滴コンセントカバー×2個
 コンセントキャップ2個、組込みコンセント×2口
●アルミ製アルマイト仕上げ  ●組立式  ●5kg/一棚当り
 
ピカコーポレイション製 小型温室
 室内用 フラワーハウス FHB−908WH  小売希望価格¥オープン
         当社販売価格    ¥20.800
設置寸法  幅約:90.1cm×奥行き約:48.4cm×高さ約;90cm

(内寸法 幅約:84cm×奥行き約:42cm×高さ約;65cm

発送はメーカーから直送の為、送料別途¥2,000が掛かります。
浦和店・中野店にて引き取りの場合はご相談ください




●棚板4枚付き、最大使用質量 5kg/1枚
●本体支柱:アルミ製 ●両側面・背面板・天板:ガラス
●正面・背面:ガラス引戸 ●コンセント2口●組立式











●ヒーター

●温風ヒーター  サーモ内蔵
     200w   ¥13.000
     400w   ¥soldout


温室用。電気温風機使用時は必ずつり下げて使用し
温風出口には、 必ず水を張って下さい。


●ピタリ適温プラス
 4号 ¥5480(約560mm×250mm)
 3号 ¥4480
(約420mm×220mm)

 2号 ¥3480(約260mm×220mm)





★アルミ温室製作の話
◎本体の組みたて様子 
  @こんな箱で 本体×1箱、とガラス一式×1箱が送られてきます
   
Aまず本体横(右側、左側)に棚受け金具を取り付けます
    
B左右及び中段を写真のようにビス止めします。

コンセントがありますので注意して下さい。次に室内灯用のバーを天井内部に取り付けます  
C概要のフレームはできあがり次に外側のコーナーの処理です。

4カ所の柱に上からR方のコーナー材を落とし込みます。
上から見るとこうなります。

ガラスを乗せた後に、ここにプラスティクのフタをします
アジャスターをつけて下さい。


最後にガラスを入れれば完了です。
特徴です
○無段階調整棚 この様にビス止めとなりますので、お好きな高さで棚取りできます
 

○メッシュ棚が使いやすい  棚は乗せるだけです
  
下の写真は一般的なガラス温室棚の様子ですが以外と使いにくい
  

○棚が8枚付いている  ○組立が簡単
○センターに立てフレームが無いので使いやすい
○アジャスターがついている
マイナス要素
 ○左右の棚が別々に動かない
 

ボローニアと比較してみました。



●よく、どのように温室を使うのか の質問を頂きますが、必ずしていただきたいことは
@開ガラスはいつも使っているところ以外はテープやクッションで目止めをして隙間を塞いでください。このことにより隙間からの温度漏れを防止します。
A温室を搬送したときのダンボールやキャンプ用のクッションシート、エアーキャップなどでいつも使う扉以外は囲ってしまう。このことにより外部からの温度変化を防ぎます。
Bヒーターを使うときは火災防止のためと温室内部の乾燥を防ぐために必ず水を張ってください。冬場は想像以上に乾燥します。
以上簡単ですがほんのちょっとしたことで経済的になりまた、温度変化の少ない虫にとっても良い環境ができます。

このように保冷シートで全面ガラス以外 囲っていただくとかなり効率よいです。


最初のページへ   ご注文お支払いについて

最新情報   最新虫情報

産卵材   マット/ゼリー/プラケース
 
  菌糸ビン   プレミアム商品
  書籍・初心者セット